賃貸管理の紹介

賃貸管理会社の選び方

賃貸経営の目的は継続的に家賃を回収することです。満室の維持と安定した家賃収益を目指すためには、適切な管理業務を行う必要があります。管理が適切に行われることで入居者の満足度が高まり、稼働率も高水準を保てます。
賃貸管理業務は入居者募集、家賃の回収、クレーム対応、更新案内、設備不具合の対応、定期清掃、退室後のリフォームなどの実務が挙げられます。
賃貸管理会社を選ぶ際は賃貸管理サービスの豊富さや料金面、集客力・募集力の強さ、実績などを確認することも大切なポイントです。
賃貸経営を成功させるためには、最適な賃貸条件や空室対策などを打ち出す賃貸管理会社を選び、上手に活用することをおすすめします。

賃貸管理の業務フロー

1. 管理委託契約の締結
お手持ちの資産に関して様々なご相談を承ります。ご相談内容を踏まえながら、地域のニーズや賃貸物件の需給状況などを調査・分析し、その結果を基に資産活用の企画立案を行います。オーナー様と内容を協議の上、ご納得いただけましたらご契約となります。
2. 入居者募集
適正な賃料設定を行い、適切なタイミングで入居者の募集活動を開始します。インターネットを用いた自社のホームページや不動産ポータルサイトへの情報掲載、店舗での顧客対応、不動産仲介会社へ仲介依頼など、多彩な方法で入居者を募集します。
3. 入居者の審査・契約
オーナー様に代わり、賃貸管理会社が入居希望者に対して審査を行います。併せて、入居者への重要事項などの説明や賃貸借契約の締結も対応します。
4. 入居後の賃貸運営・建物管理
無事、入居者に物件を引き渡したら、賃貸運営や建物の管理を開始します。入出金の管理、入居者からの問い合わせ対応、物件の巡回・定期清掃・各種点検、更新手続き、賃料改定などの業務を行います。
5. 解約・原状回復
契約終了時の解約手続きをはじめ、入居者の退去立会い、敷金清算、原状回復工事の発注・管理などを代行します。
6. 入居者の再募集
空室期間を短縮するため、速やかに入居者の再募集を行います。必要に応じてリフォーム・リノベーション工事をご提案し、物件の価値向上も図ります。
PAGE TOP